乾燥肌のスキンケアにオールインワンゲルとジェルを

乾燥肌のスキンケアにオールインワンゲルとジェルを

62view

2018年11月15日

高い保湿力を持ちオールインワンゲルなら、乾燥肌を潤い肌に導くスキンケアをすることが出来ます。

普通の肌よりも真皮層の水分量が少なく、皮膚を守るバリア機能も低下している状態なので、まずは潤いあふれる健やかな状態にすることが必要です。

乾燥肌は水分量が少なく、同時に守りの機能も低いので、敏感に外部刺激に反応をする面があります。

高い保湿ケアが必要であり、スキンケアは毎日だからこそ、手軽で保湿効果の高いオールインワンゲルは大活躍です。

いくら日々のお手入れといっても、肌に触れる頻度が多いとその分刺激も増えます。

でもオールインワンであれば、洗顔後に肌にジェルを塗布するだけです。

皮膚への負担は大幅に軽減されるので、皮膚乾燥を無駄にさせることなく、バリア機能を弱くすることもありません。

本来人間の肌には自ら潤いを保とうとする機能があり、手間を角にかけすぎないことが、その機能を取り戻す秘訣にもなります。

シンプルで高保湿ケアを持続することで、肌の健やかさを呼び戻すチャンスです。

日々のスキンケアで愛用をするのと共に、スペシャルケアのパックとしての利用もできます。

しばらく浸透をさせるのがポイントなので、夜のクレンジングを終えた後、バスタイムにパックをするのがぴったりです。

バスルームの温かい湿度の中で毛穴は開きますし、ジェルに含まれる美容成分も浸透をしやすく、お湯に浸かるのでリラックスもできます。

いつもより厚めにジェルを塗り、しばらく時間をおいたら洗い流すと、肌はしっとりとした仕上がりです。

乾燥肌を撃退するためにも毎日のお手入れに愛用できるオールインワンゲルですが、特に夜のスキンケアではたっぷりと使います。

顔のパーツの中でも、目元や口元は特に乾燥をしやすいパーツなので、乾きやすいことを考慮して重ね塗りをすることです。

逆に朝はジェルを塗布した後にメイクをするので、割と軽めに塗ってスキンケアを終わらせます。

朝は軽めに使い、夜は肌への保湿を考えてたっぷり使うことで、理想的な肌を目指しやすいです。

時間がある時にはオールインワンだけで済ませることなく、洗顔後にまずは化粧水で肌に潤いを与えてから、その後にジェルを塗布するとよりふっくらした肌になります。

またジェルを塗布した後により浸透をよくするため、清潔な手のひらでハンドプレスをするのもポイントです。

スキンケアにオールインワンゲルを使う時には、顔だけではなく首まで伸ばして使うと、ネックラインのお手入れも同時にすることが出来ます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る