オールインワンゲルのジェルでインナードライを解消

オールインワンゲルのジェルでインナードライを解消

57view

2018年11月15日

お肌の表面ではなく、奥が乾燥しているとインナードライ肌になってしまいます。

インナードライになってしまうと、お肌の水分量が低下しやすくなり、ふっくらとした状態からたるみの多い状態に変化しやすいです。

すでにこの状態になっている方は、オールインワンゲルを使って状態の改善を目指してみてください。

オールインワンゲルの中には、ジェルの成分を工夫しているものもあります。

様々な美容成分が入っていると、お肌に使った時の乾燥を解消しやすくなりますが、お肌の奥まで成分を届けやすいように成分を低分子化しているものも販売されています。

美容成分が低分子化されていれば、お肌に塗ったときに美容成分が浸透しやすくなり奥の乾燥を解消しやすいです。

ジェルを購入するときに、低分子化を行っている物を購入することで老化現象に悩まされることもなくなるでしょう。

また、ジェルを使用するときには、ある程度多めに使用することでインナードライ肌を解消することができます。

オールインワンゲルは、商品によって使用するときの適応量があります。

この量を守れば、お肌に使ったときにトラブルを解消しやすくなるのですが、インナードライ肌が進行していると適応量でも足りないです。

多めにジェルを使用すれば、お肌の表面だけではなく、奥まで成分を届けることができ肌トラブルを解消できるでしょう。

多めにジェルを使うときには、一度にお肌につけてしまいがちですが重ね付けすると効果的です。

何度も重ねて使用することで、お肌の表面に栄養を与えるにとどまらず奥の方まで成分を浸透しやすくなるからです。

ジェルの使い方に気を付けてみるだけでも、お肌の状態は変わってくるので使い方に気を付けてみてください。

また、インナードライの方は、サラっとしているジェルよりもある程度の粘度を持っている物の方が乾燥を解消しやすいです。

サラっとしているジェルを使用すると、汗をかいたときやお肌をぬぐった時にジェルが取れやすいです。

せっかくお肌に使用したとしても、早くに取れてしまうと乾燥を解消することはできません。

お肌のことを考えるなら、粘度のあるオールインワンゲルを使ってみてください。

粘度のあるオールインワンゲルであれば、お肌に密着しているため、汗をかいたときや肌をぬぐった時でも成分が取れてしまうことがありません。

ずっとお肌に成分が密着している状態になるので、乾燥も解消することが可能になるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る