まだ諦めない60代!オールインワンゲルやジェルを

まだ諦めない60代!オールインワンゲルやジェルを

58view

2018年11月15日

いよいよ60代になり自分で自分の事を「おばあちゃん」と言ってしまう、そんなあなたは今さら肌のお手入れをしても手遅れだなんて思っているのかもしれません。

でも諦めるのは勿体ないし、そんな風に投げやりになってお手入れを怠ればさらに状態がひどくなってしまうかもしれせん。

もうあれこれ使うのは面倒だと思っているのなら、60代にもぴったりなオールインワンゲルやジェルを試してみましょう。

最近は数多くのオールインワンゲルやジェルが出回っていますが、その違いは何なのか疑問に思っているかもしれません。

実はどちらも同様の化粧品であり明確な定義はないようです。

ゲルはドイツ語でジェルは英語なのですが、どちらも同じ意味合いでつけられています。

日本で出回っている物では、どちらかというとジェルが水分多めでゲルの方が水分が少なく「濃い」感じがするものを指すようです。

ジェルの方が幾分みずみずしく、ゲルはクリームに近い感触だと感じるかもしれません。

60代がオールインワンを選ぶのなら、ゲルタイプを選ぶかジェルタイプを選ぶかはお好みになりますが、成分についてはしっかりとした保湿力を備えたものがお勧めです。

肌は年齢が進むごとに乾燥が進むので、若い頃よりもいっそう保湿力が高い物を選ぶ必要があります。

オールインワンというと、手軽だけれども保湿力がイマイチだというのが欠点でしたが、最近は物足りなさを感じない機能が充実した商品が多くなってきています。

保湿成分が贅沢に配合されている物を選ぶことも大切ですが、その成分がしっかりと浸透するかどうかもチェックしましょう。

年を重ねた肌は乾燥するだけでなく、皮膚が硬くなり有効成分も浸透しにくくなっていきます。

せっかくの保湿成分も、浸透しにくくなった肌では十分な効果を発揮することもできませんから、浸透力があり肌を柔らかくしてくれる成分が配合されていれば効果を実感しやすいでしょう。

セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸など定番の美容成分のほかに、エイジングケア効果が高いプラセンタやプロテオグリカンなどがたっぷりと配合されているものが望ましいです。

どんなに優れた成分が配合されていても、使い方次第では期待したような効果が得られない場合もあります。

肌に与える刺激をグンと減らすことが出来るオールインワンゲル・ジェルなのですから、つける時は刺激を与えないようにやさしく、間違っても叩き込むようにしない事です。

また、洗顔後すぐの肌につけることも大切で、気になる部分には贅沢に重ね塗りすることをお勧めします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る